ぐるぐる脳みそDAYS

脳の力で日々のあれこれをいとも簡単に解決して行きます!

あがり症を克服した方法その1:プラスイメージの言葉を使い、セルフイメージを高める言葉を唱える

私が2日間であがり症を克服した方法を実体験を元に書いて行きます。

プラスイメージの言葉を使う

脳は声かけ通りの方向に反応を進める

「人は言葉をアウトプットすると、その通りになるように動こうとする」

ということを、本やセミナーや情報サイトなど、色々な場所で聞いたことがある人もいるかもしれません。

古くからは「言霊」最近では引き寄せの法則なんて言葉で言われているものがこれにあたると思っています。

 

例えば、「水をこぼさないように運んでね」と言われれば、「水をこぼす」ことに意識が行ってしまい、結果こぼしやすくなってしまう。

「電車の中で騒がないでね」と言われれば「騒ぐ」ことが気になってしまい、気持ちがそわそわし、騒ぎたい衝動に駆られる。

そんな具合で脳は言葉というものを強く意識してしまい、行動も言葉に引っ張らてしまうという特性があります。

そしてこれも何度も聞いたことがあるかもしれませんが、

脳は「○○しない」の「ない」の部分、否定形を理解ができない特性があります。

 

例えば「騒がない」という言葉を聞くと、まずは騒ぐ状況を思い出し、その後で騒がない状況を思い出す傾向がないでしょうか?

「赤くない」という言葉を見て最初に思い出すのは赤い色ではないでしょうか?

 

さて、あがり症の話に戻します。ここから「緊張」や「あがる」という言葉をたくさん使いますので、不快な気持ちになるかもしれませんが、言葉をそのままダイレクトに受け止めず、ぼんやり眺めるように読んでみてください。

 

「緊張しませんように」「あがりませんように」

この言葉を見たとき(考えたとき)、少しドキドキしてきたりしないでしょうか?

これは「緊張」「あがり」という言葉を脳が意識して、緊張してあがっている状態を体が勝手に反応として起こしている。と私は考えます。

 

緊張で悩んでいる人は、自分が緊張する人だと強く意識しているので

普段から「緊張しないようにしよう」とどこかで思っているはずです。

「緊張しないように、あがらないように」と頑張って「緊張しない」方法を考えているのに、脳は"しない"ことを認識できないので、結果「緊張する、あがること」ばかり考えていることになります。

そして何気なく呟いた言葉でも、脳は言葉をそのまま受け取り、再現しようとします。

 

では、どうすれば良いのか。

それは簡単です。

欲しい状態を言葉にすることです。

 そしてそれを繰り返し意識することです。

 

欲しい状態を言葉にする

今回でいうと「あがらないこと」が目標なので、「あがっていない状態」の言葉をつくります。

 

以下は私が作った実際の例です。

 

緊張しないようにしよう→  人前で話すのは楽しい!
あがらないようにしよう→  気持ちよく話をする!
失敗しないようにしよう→  ワクワクして楽しい!
間違えないようにしよう→ 上手にできる!

 

自分が恐れている状況を書き出し、隣になりたい状況を書きました。

恐れていることを斜線で消して、なりたい状況に花丸をつけてみました。

読んでいる途中かもしれませんが、うまくいくイメージだけを頭の中で浮かべながら、是非紙に書き出してみてください。

すでにちょっと気分が良くなってきていないでしょうか?

 

ワクワクすることが大切です!信じられないくらいに、なるようになりますので楽しみにしてくださいね。

 

セルフイメージをつくる 

さて、今度はセルフイメージについて書いていきます。 読み進める前に是非次の設問に答えて見てくださいね。

「あなたはどんな人物ですか?長所も短所も含め、書き出してください」

  

さて、書き出せたでしょうか?

ここで出た答えこそが、自分がいつも自分に唱えている言葉であり、セルフイメージです。 

そして人はセルフイメージ通りになるように、自分が唱えた自分になるように無意識に振舞っています。

 

つまり、新しいセルフイメージを持つことで、なりたい自分になれる。ということでもあります。

 

人前で話すのが苦手だ、あがり症だ、というのが気になっている人は少なくともそういったセルフイメージを自分に持っています。

その言葉を捨てる、もしくはうまくいく言葉に変化させることで、なりたい自分に変わっていくことができます。

 

自分にインプットするための言葉を作ろう! 

なりたい自分になるためには、そうなる為に自分にとって必要な言葉をインプットすることが大切ということを書いてきました。ここから実際に自分にとって効果的な言葉を作っていきます。

問題となっている事以外にも、その原因となっているかもしれないセルフイメージを洗い出し、イメージの書き換えをしていきます。是非やってみてください。

 

 step1.「あなたはどんな人ですか?(うまく行っていない点を中心に)」という質問に「私は○○だ」と素直に書いていく。
step2.書き出したセルフイメージを、うまく行くセルフイメージに書き換える。

書き換えるポイントは2つ。

1.肯定的に書く
2.完了形or現在進行形で書く

 

step1, 2 で私が書き出した実際の例をお見せしますね。

 

step1.あなたはどんな人ですか?(うまくいっていない点を中心に)

私はあがり症だ。私は人前で話す事が苦手だ。私は見栄っ張りだ。私は完璧主義だ。

私は自尊心が低い。私は負けず嫌いだ。私は人に嫌われたくない。私は会話が苦手だ。私は人にどう見られるか気になる。私はせっかちだ。私は大雑把だ。私は自己中心的だ。

 

step2.書き出したセルフイメージを、うまく行くセルフイメージに書き換える。

私は人前で発表するのが好きだ。私はありのままの自分を見せることが自信になっている。私は人前で話すことが好きだ。私は結果にこだわらない。私は等身大の自分が好きだ。私は丁寧に物事に取り組むのが好きだ。私は誰とでも楽しく会話ができて幸せだ。

 

step.2でできた言葉こそが、自分のセルフイメージを書き換える言葉になります。

 

step.2のセルフイメージを書き換える言葉を作る時のポイント

完了形・現在進行形でない言葉で書くと効果がありませんので注意。

例を元にお話しますね。

 

<よくない例>

・私は人前で楽しく話したい

 

希望や願望を書くと、完了形ではないので「ダメかもしれない・・・」という可能性を脳が感じてしまいます。なので、もう解決をしている形「人前で楽しく話している」「人前で楽しく話した」という形にします。

「人前で楽しく話した」と書いた時に、まだ出来ていないし嘘を書いている・・・ということを感じてしまうのであれば、効果がありません。代わりに「好きだ」「ワクワクする」「喜びだ」「幸せだ」という良い感情で締めくくるとうまくいきやすいです。

 

「もしかしてそうなのかも」と脳に勘違いを起こさせれば、脳は自然とその状態になるように導いてくれます。脳が勘違いしやすい言葉を使って、良い意味で脳を騙して行く。これが成功の秘訣です!

 

(今までは「緊張したらどうしよう」「あがらない為には」という言葉を何度も自分に唱えて、自分の脳に”自分は緊張する人”ということを刷り込んでいたようなものです。

ここまで読んで実践してくださった方は、いまこの"緊張"という言葉を見ただけで気分が少し下がるのではないでしょうか?これこそが脳の反応です。ここからはプラスの言葉でどんどん書き換えて行きましょう。もう大丈夫です!

 

セルフイメージを高める言葉を唱えよう

 セルフイメージを高める言葉ができたら、脳を騙すためにも”自分はこういう人間なのだ”ということを唱えて行きます。口に出すのが一番良いですが、頭の中で何度も意識するだけでも効果はあります。

 

ちなみに私は書き出した中からこの言葉を選び、何度も意識するようにしました。

・私は人前で話すのが好きだ

・私はありのままの自分でいることが幸せだ

・私は等身大の自分が好きだ

・私はドキドキするほどうまく話すことができる

 

4つめのドキドキするほど〜..に関して、少し話が逸れますが、書いておきますね。

"本番時に心臓がドキドキしたり、汗や震えが出る生理現象は止めようとしないのがコツです。これらの生理現象は自然な反応なので、止めることは難しいと思っています。(練習すればできるのかもしれませんが)私は取り組み始めた時に本番が近かったので、声の震えが本当に心配で嫌だったのですが、止めることは諦めて、そういった反応をありがたく利用するように仕向けました。「私はドキドキするほどうまくできる!」「私は力が入るほど、実力を出せる!」でもいいと思います。生理現象が起こることを前提にしておけば、いざ起きた時も過剰反応しないで済みます。どんなに人前で話すことに慣れている人でも、それぞれ「声が出しにくかった」「汗ばんだ」「ちょっと噛んだ、どもった」などと言います。生理現象は誰にでも起こります。ゼロにしようと思うから”できない”と思ってしまうので、生理現象を普通の範囲にとどめる、くらいの考えでいいと思います。"

 

朝起きてすぐと、夜寝る前に唱えよう

さて、こうしてできた言葉を唱えていくのですが、特に効果的な時間があります。

それは起きてすぐと、寝る間際です。

なぜこの時間なのかというと、それは潜在意識(無意識)に働きかけやすい時間帯だからです。

無意識は勝手に自分の行動を導いてくれます。私たちが普段考えたり、自分で決めてしている行動は私たちの意識の2割程度の「顕在意識」が行っていると言われています。

後の8割は「無意識」に占められています。(※割合に関しては諸説あり)

この「無意識」にアクセスし、セルフイメージを刷り込んで行くことが成功への近道です。

そして、無意識と顕在意識にはフタのようなものがあり、無意識のフタが開いた時が、自分自身に新しい概念を入れ込むチャンスです。

無意識のフタが開く時間→起きがけと、寝る間際なのです。

 

朝起きてすぐに「私は人前で話すのが好きだ」「私はありのままの自分が好きだ」など、セルフイメージを唱え(思い浮かべ)、夜寝る前に同じ事を考えながら眠りにつきます。

それ以外の時間でも、何度も情報として取り入れた方が早く効果が出ます。

・手帳に書いておいて開く度に目に入るようにする

・PCのデスクトップに貼る

・家の中に貼る

など、知らず知らずのうちに自然に目に入ってくる環境を作りましょう。

私は本番が2日後だったので、移動の電車の中で眺めたり、わざと短い仮眠を繰り返して寝る前と起きた後にメモ書きの言葉を眺めたり、呟いたりしてみました。

 

以上、あがり症だった私がいとも簡単に克服した方法その1「セルフイメージや言葉で意識を変えて行く方法」でした。

私も実践しながら、普段から自分が考えていることがいかに現実を作っているか、ということに驚きました。

その2、その3も書いて行きますので、生きるヒントにしていただければ嬉しいです。

 

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村

自己啓発ランキング

脳の力でイライラを良い出来事に書き換える

今日は上司の感情的な態度に腹が立って3時間もの間イライラに支配されていました。

非常に勿体ない時間を過ごしてしまったので、今日はイライラをプラスに変換する方法をまとめて行きたいと思います。

 

イライラを良い出来事に変換する

出来事への準備ができていなかったのでは?

理不尽な出来事に「カッ」となってしまった時、それはカッとなる出来事が起こることの準備ができていなかったのでは?という考え方ができる。

錯覚の法則~成功者は脳をあっさりその気にさせる~

こちらの書籍の「自責・他責」と「運・不運の関係」というタイトルで書かれている記事がイライラをプラスにするヒントになると思ったので記述する。(一部表現を書き換えて引用します)

 

「自責・他責」と「運・不運の関係」

人生を生きやすい人は「さまざまな問題が起こるのは当たり前」と思っています。

その上で問題を解決しながら、自分の目標に向かって進んで行きます。

進んで行く過程で良い出会いや出来事に遭遇すると、それがどんなにささやかなことであっても「私には運がある」とプラスの情報を自ら脳に入力し、脳のプラスの力を上書きします。

 

ところが、生きづらさを感じる人は、まず問題が起こることを前提としていないので、「こんなことが起きた」「あんなことが起きた」とあたふたしてしまい、最後には周囲の人や環境のせいにして不満や不平を口にします。

 

生きやすい人は自責的で、生きづらい人は他責的 

思い通りに人生を生きている人は起こる問題は全て自分のせいだと捉えて、解決策を考えます。自分に責任があると素直に思いやり方や考え方を変化させるので、確実に力がついていきます。さらに、常に「起こることのすべては自分自身の将来の糧になる」と信じているので周囲の人から見ると悪いことでも肯定的に捉えてプラスの出来事に変えてしまいます。

 

一方生きづらさを感じている人は上司や同僚のせいにしたり、育った環境のせいにしたりと理由づけをします。外部に悪者を立てて、それを攻撃することで自分の居場所をつくります。

 

問題解決能力

前者は思考をフル回転させているのに対して、後者は「誰が悪いのか」ばかりを意識して、「状況をよりよくするためにはどうすればいいか」を考えないので、いつまで立っても問題をクリアできません。

「あの人が悪い」「環境が悪い」というのは、極めて安易な解釈です。敵をつくって攻撃することで自分を守ることができるからです。これではいくら経っても生きづらさは消えません。 人を責めると、それらはすベて自分に返ってきます。脳は出力をすると、それと同等のものが入力される構造になっているからです。

 

この記事から思うこと。

まず、「人生は何か問題が起こる」ということをポジティブに前提として頭に入れておく。(何か問題がおこるのは嫌だなぁ。問題が起きたらどうしよう。と”心配”するのはNG!)

すると「何か起こる」ことが前提となるので、何か起きた時にパニックにならずにすむ。例えば、上司の言葉にカッとしてしまうのも、予期せぬことへのパニック反応と言えるのではないか。「何か起こる」ことが常だと思っていれば、トラブルなど予期せぬことが起きても”あー、来た来た。さて、どうしようかな”とプラスに捉えることができる。

問題が起こる前提でいれば、大きく感情が揺れることもなく、冷静に判断が下せるのではないか?冷静に判断を下せるということは、自信や自尊心、セルフイメージを高めることになるのではないだろうか。

 

・・・とはいえもうカッとしてしまい、気持ちを切り替えたいんだけど・・・。

という時の考え方については、また次回書こうと思います。

 

 

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村

自己啓発ランキング

あがり症・緊張を治す方法

さて、いよいよどうやって私があがり症と緊張を克服したのか書いて行きます。

そしてこれは全て"人前で話すのがラクになる!5つの魔法"に書かれていることです。

引用させていただきます。

 

・プラスイメージの言葉を使い、セルフイメージを高める言葉を唱える

・人を褒める

・”姿勢”を変えてセルフイメージを高める

・本番の日を決める

・成功イメージの絵を見て、喜びの感情で記憶を上書きする

・本番のイメージリハーサルをする

・大成功を全身を使って喜ぶ

 

私があがり・緊張を克服したTODOはたったこれだけです!

何度も言いますが、たった2日間取り組んだだけで、一切あがらなくなりました。

 

今、緊張や不安をどうにかしたいと思いこのブログにたどり着いた方の一助になれば嬉しいです。

 

では、それぞれの項目の実践方法を、私が克服した体験と合わせて紹介して行きます。

日々雑記的なことも書いていくので、飛び飛び更新になるかも知れませんが、緊張を克服した体験を書ききった所で

読みやすいようにリンクにまとめて行こうと思います。よろしくお願いします!

 

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村

自己啓発ランキング

どうやってあがり症を克服したか?

私は20年間あがり症と戦ってきました。

あがり症のせいで何度も落ち込んだし、あがり症でいる間は色々なチャンスからも逃げ、もったいない時間を過ごしていたなと思います。

私がどの程度のあがり症だったかは後に書くこととして、

 

どうやって治したのか?そしてなぜ2日間という短期間で克服できたのか?

 

という事をまずは書いて行きたいと思います。

まずは「なぜ2日間という短期間で克服できたのか?」

 

これは、な〜んだ!と思われてしまいそうですが、

ただ単にあがる程憂鬱な機会がある2日前に克服する方法を知り、

実践したら2日後の本番にはあがらなかった=克服してしまった。ということです。

 

情報を知ったのが本番直前だったというわけです。

なので、本番の10日前に知ったとしたら、10日で克服した、ということになっていたと思います。

 

たった2日間取り組んだだけで、20年間悩んできた事が解決してしまうなんて・・・!

本番を終えた時は、どうしてこの情報に早く出会えなかったんだ!と思う反面、

それよりも清々しさが勝っていました。踊り出したいぐらい嬉しかったです。

心の中で「よっしゃー!!!」という声が聞こえ、口角は自然とあがり、

ものすごい達成感と開放感で、世界が輝いて見えました。

 

大げさかも知れませんが、人前であがってしまうという事はそれほど辛い事なのです。

 

そしていとも簡単にあがり症を克服できた方法とは?

 

それは1冊の本でした。

こちらです↓

人前で話すのがラクになる!5つの魔法

 

私が恐怖に感じていた"本番"というのは会社の報告会で、

それはなんと、A4にびっしり書いたレポート5枚分を20名もの前でノンストップで読み上げなければならないというものでした。

(これがどれだけ地獄か、同じ悩みを抱えた人には理解していただけるかと思います。)

 

会社の風潮として、人前で話す事が多いというのは分かっていたものの

ついに自分もそういう事に参加しなくてはいけなくなってしまった。そんな時、私はすがる様に情報を探しまくりました。

緊張をなくすことをテーマにした本を読み、ネットで情報を探しまくり・・・

そしてそうこうしている間にこの本を見つけたのです。

脳科学などの知見を応用した」という説明文にピンと来て、即スマホにダウンロードしました。

 

ちょうど脳に関する本を何冊か読んでいた時期だったので、

「脳の力であがりを克服する」というテーマがすんなり入って来たのかも知れません。

今まで緊張やあがり症を克服する本を読んでいる時にも「何をしたって治らないんじゃないか」と心臓はドキドキし、呼吸も浅くなってしまった私が、

この本を読んでいる間は不思議と落ち着いていて「これはいける」と確信していたのでした。

 

その具体的な方法を紹介して行こうと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村

自己啓発ランキング

お話を始めます

私は20年間極度のあがり症でしたが、なんとある方法を知ってからたった2日であがり症を克服しました。

怪しい情報教材のような始まり方ですが、これはまるで奇跡だったので

同じ悩みを持っている人にも、また自分自身のためにも、忘れないように記しておこうと思います。

 

誰かのお役に立てれば嬉しいです。