ぐるぐる脳みそDAYS

脳の力で日々のあれこれをいとも簡単に解決して行きます!

あがり症を克服した方法その4: 成功イメージの絵を見て、喜びの感情で記憶を上書きする

私があがり症を克服した方法その4。一番効果があったのではないかと思う方法です。

成功しているイメージを脳に上書きする

マイナスの記憶はプラスの情報で上書きする

心の中が辛さでいっぱいなら、新しい情報やいい情報を得てそれらで記憶を上書きしない限り、永遠と辛さは続きます。

「辛い」と感じている時に入ってくる情報は、自然と「辛さ」を後押しするものが多くなります。

そして、辛いという感情のままに従って居ては、そこからの発信(言葉、態度、行動)も当然辛いものになっていきます。

でも、この一見抜けられそうにない負のスパイラルの中でも、「発信」を意識的にプラスにする事で、記憶もプラスに書き換えることができます。

 

自分の行動の選択を感情任せにしていけないということです。

前向きになれない時でも、前向き風に行動することはできます。

 

とはいえ、行動の積み重ねで記憶を更新していくのには時間がかかります。

すぐに自分を変えたい。本番が近くて日々行動を重ねている時間がない。

そういう時は「記憶を架空の成功メージで上書き」すれば良いのです。

 

大成功の絵を描こう

人は記憶を視覚、聴覚、体感覚から得た情報で保管しています。

どの感覚を優位に記憶しているかは人それぞれですが、どれか一つだけで記憶しているということはありません。

ここでは、今まで”あがり”や”緊張”でうまくできなかった本番の記憶を、うまくいった架空の記憶で上書きをしていきます。

 

脳は本当にあった事なのか、作り話なのか、未来か過去なのか、ということも認識できません。あがり症の人は、頭の中でうまく行かなかった過去の記憶を何度も再生している為、脳ができない自分を認識して、”できない”反応を選んでしまい、あがり症の負のループに陥ってしまいます。

なので、架空の成功イメージで記憶を上書きし、”自分は人前でも堂々とできる”というセルフイメージを脳に刷り込む必要があります。

 

実際に私が行った、「人前でうまく発表をしている」イメージづくりを例にして、記憶の上書き方法を書いていきます。視覚、聴覚、体感を使って上書きをします。

 

視覚

・自分が楽しそうにしている絵を描く

・自分の周りに「ハッピー」「ワクワク」「大成功」など気分の上がる言葉を書く

・聴衆を抽象的に笑顔で描く

聴覚

・聴衆の顔の間を「かっこいい!」「なるほど!」「素敵!」など言われて嬉しい言葉で埋め尽くす

体感

・「大成功!嬉しい!」と強く感じながら、笑顔でその絵を見る

 

このように、紙に風景と歓声を書き出し(視覚と聴覚)、そしてそれを見ながら成功の感情を「体感」することだけに全力を注ぎます。そうすれば、脳に「おお!成功している!」と刷り込まれ、記憶の上書きができます。これを繰り返し行います。

特に、朝起きた直後と夜寝る前に繰り返すことで、過去のネガティブな記憶が新しく更新されて、どんどん改善して行きます。あがり症以外にも、色んな苦手克服に応用できます。

 

↓参考に、実際に私が書いた絵を載せます。2日後にレポートを持って大勢の前で発表する機会があったので、そのシーンを書きました。中央が自分。自信を持って話している様子にしました。眉毛がキリッと(笑)口元はハキハキとしています。会議室で行われるので、会議テーブルを四角で書きました。

この絵を壁に貼って、「私は人前で話すことが好きです!」と思いながら、起きがけと寝る前はもちろん、日中も笑顔で見つめることを繰り返しました。もう本番が控えているので信じてやるしかありませんでした。結果、本番は難なくクリアしてしまったのです。

f:id:ushirokuma:20170702152431j:plain

 

 

絵を眺める時に、潜在意識のフタを開けよう 

潜在意識のフタを開けると、記憶の更新はさらに簡単になります。

呼吸をコントロールすることが、潜在意識にアクセスする(=フタを開ける)鍵となります。

 

深呼吸で潜在意識のフタを開く方法

  1. 目を閉じて全身をだらーんとさせる。リラックスした状態を作る。
  2. 息をゆっくり口から吐く
  3. 吐き終えたら、更に吐く。体の中の空気を全部出し切るつもりで。
  4. 鼻から体いっぱいにきれいな空気を取り込む
  5. これを数回繰り返す

 

これだけで潜在意識のフタが開いた状態になります。

自分が望むセルフイメージを、大成功の絵を見ながら最高に嬉しいと全身で感じ、脳に書き込んでいきましょう。効果は絶大です。

 

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村

自己啓発ランキング