ぐるぐる脳みそDAYS

脳の力で日々のあれこれをいとも簡単に解決して行きます!

ノートに書き出して感情を整理する

今日はノートの凄さを実感したので、そのことについて書きたいと思います。

モヤモヤをノートに書いて整理する

私の話を少しさせてください。

私は今、中途採用で入社した会社で働いています。

正直仕事内容に満足していません。経験を買って採用していただいたと思ったのに、

配属されたのは全くの未経験の部署でした。

ある程度のキャリアを積んできたのに、任されるのは全く経験のない分野。

当然不慣れな部分も多く、毎日"新人"としての指導を受けるのが苦痛でした。

 

満足していないとはいえ、辞めるわけにはいかないし、どうにかしないと。

と思い、なんとなく今の気持ちをノートに吐き出してみました。

驚くほどスッキリする

まずは自分の不満を書き出してみました。

「どうして今更こんな事で指導を受けないといけないのだろう?」

「経験があるポジションならもっとうまくできるのに」

「なぜ私がこんなことをしないといけないのだ?」

「せっかくのキャリアが台無しだ」

「もっといい仕事があるはずだ」

と、こんな具合で出てくる、出てくる。

(こういう思考を度々抱えていたので、長年あがり症だったのでしょうね・・・^^;)

 

気が済むまで書いていくと、書いたそばからモヤモヤした気持ちが消えていくのが分かりました。そして驚くほど気分がスッキリしました。

デトックス”という言葉がしっくり来ます。

 

なぜ書き出すとスッキリするのか?→これ、脳の仕組みな気がするので追って調べてまとめようと思います。

 

思いもしなかった感情が出てくる

驚いたことはそれだけではありませんでした。

今抱える嫌な感情を全て文字に書いて吐き出し、頭がスッキリした所で

今度は「本当に嫌なことだけか??」という思いが自然と湧き上がって来たのです。

 

「なぜこんな仕事を・・・」「今任されているのは私しかいない。やるしかない!」

「キャリアが台無し。新人扱いが悔しい」→「事実新人である。笑 初心に返るありがたい機会だ」

 

他には、規模の小さい会社から大きな会社への移動だったので、こんな事も考えました。

 

「自分も含め、仲間同士で喜び合える暖かい仕事がしたい」「それは自己満足では?今、大きな仕事に多くの人が関わっている。その中で自分の力は少しだけれど、多くの人が喜ぶものを作っている(イベント業です^^;)。人の喜びの為に働いてみる。」

 

こんな風に、不満を書き出した後に前向きな気持ちが出て来たり、

自分が望むものにも、他の視点から見ればマイナスの面もあるという事が分かり

現状からまた別の目標が出て来たりということがありました。

 

書き出した感情を元によりよく生きる

ノートに感情を書き出したおかげで、良い方向に感情が整理できました。

また、納得して諦め、新たに動き出すしかない、という覚悟ができました。

この気持ちを持続し、マイナスをプラスに常に書き換えて行くことが大切なんだなぁと実感しました。

 

私自身まだまだ発展途上なので、(転職したいなーと毎日考えてます←この気持ちとの付き合い方も見つけていきたい。)良い気分を継続して行く方法をこれからも探して記事にしていけたらと思います。

 

 ノートに感情を吐き出す方法

・ノートとペンを用意します。

100均とか安いノートで十分です。チラシの裏でもいいと思います。

私は破って捨てれるのでリングノートが好きです。

(破った跡が残るノートだと、痕跡が残ってしまいなんだか気持ち悪い)

ペンもなんでもOKです。書き味の良いボールペンだと筆が進みます。笑

 

・今思っていること(悩みを中心に)を書き出します

・良い気分の感情が出て来たらそれも書いて行く

・良い気分の感情の周りに「できる!」「良い!」「good!」など盛り上げる言葉を書く

 

良い気分の言葉が出てこなくても、モヤモヤを書き出してスッキリしたらOKです!

この、スッキリした状態が1日の中で多くなるようにしていけるのが理想です。

 

結局どれだけ「快」の状態でいられるか、が全ての事に繋がってくるのだと思います。

その方法の1つとして、私もノート吐き出し方を続けてみようと思います!

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村

自己啓発ランキング