ぐるぐる脳みそDAYS

脳の力で日々のあれこれをいとも簡単に解決して行きます!

悩みの原因は「脳みそが快の状態じゃないから」ならば、「快」の状態を目指す

悩みは「脳みそが不快な状態」のせい

 

今の状態に満足していない人や、現状より、よりよくなりたいと思っている人は

日々、色々な情報を集めているのではないかと思います。

 

モヤモヤを解消したい!と思って情報を探したり

緊張をなくしたい!と思って情報を探したり

あの人と上手く付き合いたい!と思って情報探したり

 

それぞれ様々な思いを持って色んなことを検索して、解決する方法を見つけようとします。

 

世の中には色んな情報があります。問題の解決方法も色んな所に転がっています。

私が書いているブログもそのうちの一つです。

 

 

私も今まで色んなことに悩んで、色んなことを試して解決を計ってきましたが、

一瞬解決するとまた新しい問題が出て来て、どうして悩みが尽きないんだろう?と泣きそうになる日々でした。

 

そして色んな情報に触れるうちに気づいたこと。

悩みやすい人、悩みが絶えない人、なんとなく生きづらい人というのは

「脳みそが快適じゃない人」

ということです。

なぜそう思ったのかというと、問題解決の方法というのは、色んなことをテーマに色んな切り口で書かれているけれど、

結局は「いい気分でいるための方法」を示しているのだと思ったからです。

 

仮に脳みそが「快」の状態の時=悩みの無い時だとすると

悩んでいる時=脳みそが「不快」の状態の時と言えるのではないか。

ということは、「脳みそを快適にしておけば、悩みは出てこなくなるのではないか」

そんな風に思いつきました。

 

それからというもの、なるべく「快」の状態になれるように意識して過ごすことを初めました。

すると、生きるのがとてもラクになりました。

 

もちろん、日々悩みも出て来るのですが、前みたいに悩みに支配されることが無くなりました。

 

悩んだ時の私の思考と行動はこんな感じです。

「今、こういう事が原因で脳みそが不快だから、「快」にするために役に立つ情報を集めよう」

と思い、情報を探す。いい方法があったら実践する。なんとなくしっくりこなかったら

「脳みそが快にならないから、この方法はやらない。」

と、別の方法を探す。

この考え方はとてもオススメです。

 

「脳みそが快か不快か」

 そのことに意識をフォーカスする。

 

悩み自体や解決する方法ばかりに意識をフォーカスしていると、視野が狭くなる。

特に、方法にこだわりすぎるのは勿体無いと思っています。

悩みを解決する方法を見つけたとして、それが100%自分に合うとは限らないと思うんですね。

 

せっかく手に入れた知識、方法をダメでも試したい気持ちはわかります。

試すことは大切だと思います。

でも、こだわりすぎるのは良くない。信じすぎるのも良くない。ダメだったら、潔く捨てて次の方法を考える!

「脳が快じゃないから悩む、ならば快になる方法を選ぶ。そしてピンとこない方法だったら潔くやめる」

 

これ、長年色んな悩みを抱えて来てホントに最近やっとわかって来たことです。

世の中に色んな自己啓発書だったり、問題解決の本がありますが、

ほとんどが「いかに快適な状態でいるか」ということを説いているように思います。

 

問題解決の近道!

  • 悩みは脳が快適じゃないから生まれる
  • 脳を快適な状態にする
  • 脳を快適にする方法は人それぞれ
  • 「自分の」脳を快適にする方法を選ぶ
  • ピンとこなかったらやめる

 

と、いうわけで「快」でいる方法を見つけて行きます。

悩みを解決するきっかけにして行けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村

自己啓発ランキング