ぐるぐる脳みそDAYS

脳の力で日々のあれこれをいとも簡単に解決して行きます!

脳みそをいい気分にする方法:今すぐお気に入りの景色が写った写真を用意しよう!

久々の更新です。

 

潜在意識を書き換えて、いつでもいい気分でいる事が成功への近道!

という事がわかり、この1〜2週間は”なるべくいい気分でいる事”を頑張りました^^

 

いい気分でいようとすると、いい気分でいるクセがついてくるようです。

最近は悲しくなったり、イライラしたりする事が格段に減りました。

とてもいい感じです!

 

ここ最近私が行なっている、気分を切り替えるのにおすすめの方法がありますので

紹介しようと思います。

  1. 携帯、PCで今すぐ幸せな気持ちになる景色を探しましょう。真っ青な海でも、新緑の森の木漏れ日でも、ディズニーランドでも、架空の都市でもなんでもOKです!気分が上がる事がポイント。
  2.  1で見つけた景色をいつでも思い出せるようにしましょう。
  3.  気持ちがネガティブになった時、その景色を脳裏に浮かべましょう。詳細まで思い出せなくても大丈夫。長い時間思い出さなくても大丈夫。ほんの一瞬思い出すだけでOKです。
  4. 気分が落ちる事がある度に③を続けて行くと、だんだんと気分が落ちにくくなって行きます。

自己流で編み出した方法なので、

試してみて効果があったよ!という方がいましたら、教えていただけると大変嬉しいです。

 

ちなみに私は世界の絶景をお気に入りの景色にしています。

山だったり空だったり、自然の景色が多いです。

tripadvisorにいい写真が載っているので良く見ています。

 

あと、携帯アプリでランダムで絶景を出してくれるものがあり、それも活用しています。(デフォルトで入っていたアプリなのでアプリ名分からずですが・・・)

 

他には、人が楽しそうにしていたり、気持ち良さそうにしている写真もおすすめです。

※脳(潜在意識)は自分の事なのか、作り話なのか、過去なのか未来なのかを認識できない

 →「気持ち良さそうにしている写真」=「自分が気持ちいい状態」と勘違

 

例えば

大自然の中でヨガをしている人

・山頂で深呼吸する人

・朝日を浴びる人

・憧れの土地を闊歩している人

などなど。

 

人が写っている写真を選ぶ時は、後ろ姿、顔がはっきりわからない位引いた写真、海外の人が被写体、このどれかに当てはまる写真がおすすめです。

人物が特定されてしまうと、「その人のストーリー」として見てしまい、

潜在意識が自分のことと勘違いしにくいからです。

 

また、思い出の写真も気分がよくなる写真として良いのでは?と思う所ですが

その時の様子や出来事、交わされた会話など、細かい部分まで思い浮かんでしてしまい

”ただいい気分を感じる”ことから気が散ってしまうので、私には向きませんでした。

 

ご参考までに。

 

もう一つ、脳みその気分をいい方向に逸らせる方法をご紹介します。

脳内に小さいキャラクターを走らせる

 

ふざけているようですが、なかなか効きます。

例えばイラっとした事があった時。

最近もイラっとした事があったのですが、「あ、今イラっとしてるな」と気づいた後に

脳内でミニオンを走らせました。笑 (脳内を横切って行くイメージ)

 

イライラが100%収まるわけではありませんが、少しは良くなります。

この「少しマシになる」というのがすごく大切だなぁ。と思っています。

 

小さいサイズのキャラクターがササッと横切るシチュエーションが私は好きです。

大好きなペットや、意外なシーンで登場したらつい微笑んでしまうような身近な人を親指位のサイズにして走らせてもいいかもしれないですね。 スキップでもいいかもしれません。

 

子供の遊びのようですが、なかなかいいですよ。

いい気分で過ごして行きましょう^^

 

 

にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村

自己啓発ランキング